日本最大の詐欺悪徳商材レビュー

進化している情報商材とネットビジネスの真実をレビューします。

勝率や仕組みについて考えてみた。

   

そもそも、富裕層の人が利用するものという感じがすごいです。お金を持っていないと利用はできません。富裕層になるための、資産運用なのに、とも思いますが。

投資を知るにあたって。色々ありますが、まず。

株とは?そもそも株とは、企業が資金を調達するために発行するものだ。企業は投資家が株を買うことで、資金をもとに事業を拡大していく。逆に投資家は、株を所有することで、企業に対しての権利を取得することができる。株を所有すれば所有するだけ、企業に対する権利も大きくなるのだ。もし、あなたがある企業の株を取得していれば、その企業のオーナーの一員になるということなのである。

借り入れや社債と違い、会社は株主から調達した資金を株主に返す必要はない。そのため、株主は他の投資家に株式を売ることで、会社に出資した金を回収する。このように、株式投資で利益を得るための基本は、買った株をより高い値段で売ることなのだ。

株式投資で利益を得る方法

・キャピタルゲイン(値上がり益)

株を購入して企業に対する権利を取得したのち、その企業が大きく成長すればその株の値段、つまり「株価」が上昇する。株価がさらに上昇する見込みがある場合、その株式を所有したいという投資家も多く現れてくる。

そこでもしあなたが株取引をしていればこのタイミングを見極めて売却すれば、株価が上昇した分だけの利益を手にすることができるという仕組みだ。この利益を「値上がり益(キャピタルゲイン)」と言い、株式投資を利用して得られる利益の一つである。

・インカムゲイン(配当金)

また、株式を売却しなくても企業が順調に業績を上げていけば、所有する株の数量に合わせて「配当金(インカムゲイン)」が配られる。成長する企業の株を所有しているだけで、年に1回もしくは2回の配当金を得ることができる。これも株式投資による利益の一つと言えよう。

そのほかに、サービスや商品を株主に対して支給する制度「株主優待」を提供する企業もある。これも、株式投資によって得られる利益の一つと数える。飲食店を経営する企業なら食事券、遊園地を経営する企業なら入園券など、それぞれの優待を目当てに株を購入する人も多い。

株のリスク

値上がり益や配当金、株主優待など、株には多くのメリットがついてくるが、もちろんメリットがあればデメリットもあるものだ。

・キャピタルロス

まず株は企業の業績だけでなく景気や災害など多くの因子に影響されるので、価値が下落することが当然ある。価値が下落すると配当金がなくなることもあり、実質的に株価も下降するのでその時点で手放す場合「キャピタルロス」つまり売却により損失を被ってしまうのだ。これを「値下がりリスク」という。

株価が下がるだけならまだしも、万一企業自体が倒産してしまった場合、株そのものも価値がなくなる、つまり0円になることもあるのだ。

初心者でも安心ー1万円で株は買える、ミニ株とは

上記のようなリスクがあるにも関わらず、株式投資をするには、数十万円〜数百万円の資金が必要になるので気軽に買えないと、あなたは思ってしまっていないだろうか。だが実は、1万円以内で株を買える方法が存在する。その方法は「ミニ株」を利用することだ。

株式は、銘柄によって取引の単位が決められていて、これを「単元株」という。多くの株式は、100株単位で取引している。この場合、一株3,000円の株式を買うのであれば、30万円が最低限必要となる。流石に最低30万円が必要となると、株初心者には手が出しづらいかもしれない。

しかし、「ミニ株」を利用すれば、1株単位で株式を購入出来る。例えば、トヨタ自動車<7203>の株も8000円程度で、ソフトンバク<9984>の株も7000円程度(2015年3月31日現在)で買うことが出来る。株初心者はまずはミニ株から始めるのがよいだろう。

 - アフィリエイト、情報商材