日本最大の詐欺悪徳商材レビュー

進化している情報商材とネットビジネスの真実をレビューします。

ヴァルハラプライベートクラブを利用する前に

   

もっともっと、資産運用や投資について、詳しくなりたいと思っている次第です。

資産運用をしたいのか、投資をしたいのか?

あなたがもしも投資をしたいのなら、株やFX に取り組み、数年間痛い目に遭いながらも、相場を熟知していけば投資マスターにはなるかもしれません。

 

もしあなたが資産運用の成功させることをめざすなら、上記の手続きをへて、時間をかけ粘り強く学習しスキルを身に着けたのちに、はじめて時間をかけ安定的に増やす資産運用というスタンスへ移行してください。

できるだけ安定的に増やす事こそが一番資産運用の醍醐味であり、投資と大きく違う点といえます。

 

ただし、残念ながらすべての人が勉強をして相場で経験を積めば必ず勝てるようになるわけではありません。

またそこまで注ぎ込む時間も情熱も持ち合わせていないという方もいるでしょう。

そのような投資家は、資産運用をプロにまかせるという選択もあります。

 

資産運用というのは、自分の資産すべてを絶対損ぜずに安定的に増やすということが命題です。あなた自身の性格や能力が、必ずしも資産運用に向いているわけではないでしょう。

見極めは肝心です。

 

個人での資産運用に注目が集まっていますが、ひとくちに資産運用と言っても、株式や為替、投資信託、REIT、不動産など様々な種類のものがあります。また自分で運用するのか、ファンドに預けてプロに運用してもらうのか、という選択肢もあり、比較して考えることが重要です。

 

今回は、資産運用する上でのリスクを中心に対象や手段を比較してみましょう。

資産運用を比較する上で、有名でもっとも利用者の多い「FX」「投資信託」「株式」のそれぞれについて、どのくらいのリスクを負わなければならないのか、どれくらいのリターンが期待できるのか、という点について紹介します。

 

「FX」「投資信託」「株式」という資産運用の手段をリスクの高い順で比較すると、

FX>株式>投資信託

となります。

 

リスクをとる分最低でも数パーセントのリタ―ンは期待できるので、銀行の預金や金利を考えると、まったくもって銀行が話にならないことがわかりますね?

ただそれでも、多くの人が資産運用を比較検討した結果、どこもないといって銀行に入れるのが現実です。

 

難しいものですね。

 - アフィリエイト、情報商材