日本最大の詐欺悪徳商材レビュー

進化している情報商材とネットビジネスの真実をレビューします。

投資信託ETF

      2016/10/14

投資の種類の中から「投資信託ETF」について掘り下げていきたいと思います。

まずETFとは、上場投資信託(exchange traded fund) 株価指数連動型上場投信。特定の株価指数に連動するように運用される投資信託のこと。投資信託とは「自分で投資(運用)する代わりに、専門家にお願いすること」。

ETFは、日経平均株価やTOPIXの動きに合わせて、それと同じように動くように作られていますので、株のように投資先の会社を選ぶ必要がなく株式投資を始めたいが、どの会社を選んだらいいのかよくわからないという方に取ってうってつけのものである。

おおお。もしかすると初心者向けなのでは・・?

そこで気になるメリット・デメリット。

ETFは『株と投資信託のしくみを合わせ持った商品』です。投資信託の値段(基準価格)は1日1回発表され、その値段で取引をおこないます。一方ETFは株と同じように価格が変動し、その時々の価格で取引が行われます。つまり、株と同じように「指値・成行注文」ができるということです。こうした投資信託よりも売買の自由度が高い点が、投資信託にないメリットと言えます。投資信託は1,000円分と金額を指定して購入することができ、最低500〜1,000円といった少額からでも投資ができます。しかしETFは株と同じく最低購入単位があり、最低でも1万円前後の投資額が必要になってきます。ETFは投資信託と比べて少額投資には向きません。まあ、1万からと言われれば出来る気がしますが高額になると思うと、、、どこまで信託出来るかですね;

腕鳴らしにはETFよりまずは投資信託を買った方が良いということでしょう。

 - アフィリエイト、情報商材